小規模特認校
佐倉市立弥富小学校

校長挨拶

校長室から

 弥富小学校は、平成20年度に佐倉市教育委員会から「小規模特認校」に指定され、市内のどこからでも児童を受け入れるとともに、きめ細やかな少人数指導を行っています。そして、児童一人ひとりが「わかった」「ぼくは(わたしは)頑張ればできるんだ」という自尊感情を育むために、以下のような取り組みを行っています。

1.  学力の向上(知)

算数は全学年で複数の教員による授業を行っています。また、少人数という本校の特性を生かして、個別指導の充実に努めています。

2.豊かな心の育成(徳)

「弥富小いじめ防止基本指針」に則り、いじめのない学校づくりに取り組んでいます。また、異学年が一緒に活動する縦割り班活動や併設している幼稚園との交流活動も積極的に推進しています。

3.  体力・健康・安全(体)

担任と学校栄養職員と連携して「学校給食」を教材にした食に関する指導を推進し、望ましい食習慣の確立を図っています。

 

また、弥富小学校の特色として、地域の方々を含めた教育資源の豊かさがあげられます。

今年度も、地域の皆様の協力をいただきながら、「まち探検」「昔の遊び学習」「凧作り」「味噌造り」「竹炭作り」「囲碁教室」「和太鼓」等の授業や、「地域ぐるみ大運動会」「特認校公開」等の行事を予定しています。

また、放課後、下学年児童にボランティアの皆様が学習指導していただく「アフタースクール制度」も今年度で4年目になります。

 そして、弥富小学校児童と幼稚園園児の図工作品展も地元のDIC川村記念美術館と保護者の皆様のご協力で昨年度で8回目を迎えることができました。

今年度も本校の経営方針である「地域とともに歩む学校づくり」「小規模校のよさや地域の特色を生かした魅力ある学校づくり(児童の自尊感情の育成)」を目指して、全職員で取り組んでまいります。



佐倉市立弥富小学校 校長 金木 勝己

Copyright(C) 佐倉市立弥富小学校. All right reserved.