佐倉市立染井野小学校

6月 決意新たに・・・平成30染井野小の歴史に刻むことができました
      「運動会は大成功!」と

  街路樹の若葉が初夏の日差しにまぶしく輝く季節となりました。学校内の花壇に植えられたピンクのツツジとバラが私たちの目を楽しませてくれています。学校の紫陽花が徐々に美しい色をつけ始める季節となりました。
 今年の運動会は,お天気に恵まれ,ほぼ予定通り練習を重ね,本番を迎えることができました。当日は雲がありましたが,天気を心配することなく実施することができました。また,朝早くから多くのご来賓の方々や地域・保護者の皆様にお越しいただき,盛大に運動会を実施することができました。ありがとうございました。
 今年の運動会のスローガンは,「歴史をつくれ!未来へつなげ!20回目の大運動会!」でした。子どもたちが選んだ「歴史をつくれ」「未来へつなげ」というキーワードは大変重みのある言葉です。 本年度は、創立20年目にあたります。運動会での両チームの白熱勝負を、20回目の記念すべき運動会の歴史に刻み、未来に向けて、運動会を通して得た数々のことを生かしていくことが重要になってきます。そのためには,充実感・達成感を伴う必要があります。本校の学校教育目標にある「進んで学ぶ」「たくましい子どもの育成」に通じる大事な要素が含まれていると思いました。まさに「染井野小学校らしい運動会」を目指すこととなりました。子どもたちは,練習の時からこのスローガンの意味をよく理解しました。「自分は何をすべきか,どう取り組むべきか」ということを学年に応じて一人一人がしっかりと考え,「自分たちで運動会を創り上げる」という当事者意識をもって運動会に臨みました。
 本校の運動会種目は,学年ごとの徒競走やチャレンジ走,3学年合同の団体種目,3学年が一緒に演技したダンスといった多様な学年間のかかわりがあります。朝の活動の時間になると,応援団が各学年のワークスペースへ行き,応援の仕方を教えていました。また,ダンスについても高学年のダンスボランティアメンバーが中心となって,振り付けを考え,運動会を盛り上げました。自分たちの考えを出し合って,ひとつにまとめていく大変さと楽しさを子どもたちは味わいたいと願っているのです。こういった活動を通して本校の子どもたちの表現力は一段と磨かれています。
 本番では,染井野小学校の合い言葉「全力」のもと,子どもたちの「やる気」の高まりと「協力の輪」の広がりを実感しました。
 低学年の子どもたちの可愛さと元気さが伝わってくる競技やダンス,高学年の子どもたちのたくましさがぶつかりあった競技や心が一つになった表現が心に残りました。また,一人一人の気持ちを一つにまとめようと元気な声を発してきびきびと活動していた紅白応援団,躍動感のある表現を率先して行っていたダンスボランティアの子どもたちも忘れられません。このリーダーたちの表情がじつにすてきでした。「私たちの思いを一緒に感じてください!」というように・・・。自信に満ちあふれ正々堂々と勝負していく姿は,見ている側に数々の感動を与えました。この行事を通して,子どもたちは,いちだんとたくましくなり,成長することができました。
 このような運動会が実施できたのは,子どもたちのがんばりはもちろんですが,そのかげに多くの方々の支えがあってこそです。早朝から最後の演技まで,長時間にわたりあたたかな拍手と声援をおくり続けてくださったご来賓の皆様,地域・保護者の皆様。運動会当日の後片づけ等の場面で,快く力を貸してくださった染井野サポーターズを中心とする保護者の方々,皆様方のご協力に心から感謝申し上げます。どうか今後とも,染井野小の子どもたちへのご支援をよろしくお願いいたします。