6月の給食  献立表     給食だより  食育だより  


6月28日(金)
枝豆

      ご飯 さばの有馬焼き  ゆで枝豆

       生揚げオイスターソース煮 オレンジ 牛乳

今日の給食は,旬を迎えている枝豆です。お隣,八街市で育てられた物で,農協さんから届けていただきました。「枝豆」という名前は,枝つきのまま収穫されることに由来しています。枝豆は,大豆のさやが緑色のうちに収穫したものです。もともと枝豆として未熟な大豆を食べるのは,日本や中国などアジア諸国だけの文化だったようですが,近年の日本食ブームで,世界的に人気になってきました。全国的に生産されていて,山形県の「だだちゃ豆」など,その土地独特の品種も多く,細かく分けると400種類以上もあるそうです。ゆでた枝豆には,大豆にはほとんどないβ―カロテンやビタミンCも含まれています。冷凍とはひと味違う,生の枝豆の食感と味を,味わって下さい。

    

6月27日(木)
米粉カスタードのタルト

      ポークカレーライス コールスローサラダ

        米粉カスタードのタルト  牛乳

今日は、米粉を使って作ったカスタードクリームを入れたタルトです。普通、カスタードクリームというと、小麦粉などで作ることが多いのですが、今日は印旛で作られたお米をサラサラにした「米粉」で作っています。牛乳、砂糖、卵をすべて混ぜ、火を加えていくとトロミがついてきます。卵や米粉のおかげで固まります。小麦粉でできたタルトに、米粉カスタードをそそぎ、上にはみかんをのせて、かわいらしく飾りました。調理員さんが愛情こめてつくりましたので、カレーライスとサラダを食べたあとのデザートとして、食べてくださいね。

    

6月25日(火)
バジル

      チキンとバジルのピラフ ポークビーンズ

      南瓜のスイートサラダサラダ ブドウゼリー 牛乳

 今日は、夏にピッタリな食材、緑が鮮やかなバジルのお話。バジルは、インド原産シソ科の植物で、イタリア語の「バジリコ」のことです。甘い香りと、かすかな辛みが特徴で、トマト系のピザやパスタなどに使われます。バジルのタネを水にひたすと、表面がゼリー状に固まることから、目の中のゴミを取るときに使われたため、「目」の「ほうき」と書いて「目箒(めぼうき)」という別名もあります。ピラフに少し使われている,ほのかに香るバジルの香りを感じることができるでしょうか?是非、味わってください。

    

6月24日(月)
海苔

       ご飯 イワシガーリックたつた揚げ

       味付け海苔 たくあん和え 新じゃがうま煮 牛乳

 今日は、味付け海苔をつけています。そこで海苔のお話です。どの家庭にもある「海苔」。おにぎりに巻いたり海苔弁にしたり、野菜と混ぜたりと、一度にたくさん食べることは少ない食品ですが、海苔には、ビタミンAやビタミンB群、カルシウム、鉄分、食物繊維など日本人に不足しがちな栄養素がたっぷりと含まれています。少しずつ、毎日食べたい食品ですね。今日は、「イワシガーリックたつた揚げ」が小ぶりなので、ご飯が進むようにつけました。お醤油はつけていませんが、はしで上手にご飯を包んで食べましょう。

    

6月21日(金)
さくらんぼ

       卯の花丼 焼肉サラダ

        けんちん汁 さくらんぼ(2個) 牛乳

〝くだもの〟は,季節を感じることができる食べ物ですね!今日は,初夏の味覚,旬の「さくらんぼ」のお話です。「桜」に「桃」と書いて「桜桃(おうとう)」とも言います。木を「桜桃(おうとう)」,実を「さくらんぼ」と呼び分けることもあるそうです。「さくらんぼ」は,桜の実という意味の「桜(サクラ)の坊(ボウ)」から,「さくらんぼ」という名前になったと考えられています。さくらんぼは,バラ科で、サクラの木になる実なのですが,春に咲くサクラの木とは種類が違うので,さくらんぼはできません。生産地は,ダントツで山形県が一位で,全国の約76%の生産量をほこります。今日のさくらんぼもまた,山形県産です。ブドウ糖,鉄分,ビタミン類などいろいろな栄養素が詰まっています。

    

6月20日(木)

白身魚のグラタン

     コッペパン チョコクリーム 白身魚のグラタン

     パンプキンポタージュ ブロッコリーマリネサラダ 牛乳

 今日は白身魚のグラタンです。その名の通り、魚の身が白い魚のことを言います。たら、ひらめ、きす、ホキなどいろいろな白身魚がありますが、今日のグラタンに使っている魚は、「ホキ」というお魚です。赤身魚に比べて、全体的に脂肪分が少なくあっさりとした味です。「ホキ」とは,みなさんあまり聞いたことがないかもしれませんが、スーパーや、お弁当屋さんの「白身魚フライ」の原料としても使われることが多い魚です。主に,ニュージーランド沖の深い海に生息し,大きな口には鋭いとがった歯があり,イワシなどを食べるそうです。今日は、ほうれん草、ホワイトソースとチーズなどをのせて焼いています。パンプキンポタージュも、南瓜の甘みがあって違う味わいが楽しめると思います。残さず食べて下さいね。

    

6月18日(火)
ミルクもち

     ご飯 いかのネギ塩焼き 田舎汁

       みそドレッシングサラダ ミルクもち 牛乳

今日は、「ミルクもち」です。「もち」と言っても、もち米でできたお正月に食べるおもちとは、もちろん違います。〝くずもち〟〝わらびもち〟〝いももち〟〝大根もち〟などいろいろな〝もち〟という名前のついた料理がありますが、今日は、牛乳(ミルク)を材料に、じゃがいもでんぷん(つまり片栗粉)で固めた、冷めてもやわらかい「ミルクもち」です。給食室手作りなのですが、牛乳とでんぷんを混ぜて火にかけると、とっても粘り気が出て、本当のお餅のようになります。大きな釜の中でヘラで混ぜるのも、とても重労働。そんな中、調理員さんたちが一生懸命作ってくれました。切り分けた後、砂糖ときなこをまぶして、みなさんの給食ができあがりました。家でも簡単につくることができます。

    
 
6月17日(月)
今日の献立

     枝豆おこわ なすのはさみ揚げ(小袋醤油) かき玉汁

      揚げゴボウといんげんのごまあえ 青梅ゼリー 牛乳

梅雨に入り、夏本番も間近です。今日は、夏が旬の食材をたくさん取り入れた献立です。まず「枝豆おこわ」。5月はグリーンピースご飯が給食でも登場しましたが、今日は枝豆です。普段の佐倉産コシヒカリにもち米も加えて、出し昆布、塩、お酒と炊き込み、枝豆を混ぜています。次に、「なすのはさみ揚げ」。今日は群馬県産のなすです。なすを半分に切り、そのまた半分に切り込みを入れ、玉ねぎやひき肉などをはさみ、揚げています。醤油をかけて食べましょう。「かき玉汁」は、人参や黒いワカメも入って彩りの良い汁物です。「揚げゴボウといんげんのごまあえ」は、新ゴボウ、いんげんが旬の食材です。こちらも、油で揚げることで、ごぼうの香ばしさも加わり、少しの調味料でもおいしく食べることができます。梅の季節でもあるので、デザートには「青梅ゼリー」をつけました。

    

6月14日(金)
千葉県民の日献立(615日)

       ご飯 鰯のさんが焼き 野菜ごま醤油和え

         むきみ汁 八街すいか 牛乳

千葉県の食育のキャッチフレーズ『ちばの恵みでまんてん笑顔』という言葉を聞いたことがあるでしょうか。6月は食育月間であり、日は県民の日です。そこで今日は、千葉県の特産物を中心とした献立にしました。まず、千葉県の郷土料理、産物の鰯を使った「さんが焼き」です。千葉県は,海に囲まれた県です。そのため,九十九里沖でとれる鰯は有名ですね。千葉県は漁獲量日本一です。デザートのすいかは,近くの八街でとれたもので「まつりばやし」という品種です。スイカの生産量は,熊本県に次いで千葉県は第二位。その中でも,八街市と富里市のスイカは有名です。自然の恵みとそれに関わる方々への感謝の気持ちを大切に、千葉県の産物を使った献立を味わってください。

    

6月13日(木)
チキンドリア

       チキンドリア ミネストローネ

          フレンチサラダ ヨーグルト 牛乳   

  今日は,チキンドリアです。東中学校では、みなさんは初めて食べるメニューです。容器が限られているので、もっと食べたいという人には少なく感じるかもしれません。「ドリア」という名前の由来は、フランス人が、イタリアの「ドリア一族」のために作ったからと言われています。これは、イタリアの国旗カラーをイメージし、トマトやきゅうり、チキンなどを使って赤・緑・白を配色したもので、今私たちが「ドリア」と呼んでいる物とは違います。今の日本の「ドリア」の始まりは、ある横浜ホテル〝ニューグランド〟の初代総料理長が考えたシーフードドリアだったと言われています。日本発祥の「ドリア」。米料理の上に、ホワイトソースなどをのせた料理ですが、外国で「ドリア」と伝えても、通じないことも多く「ライスグラタン」などと呼ぶことが多いみたいです。

    

6月12日(水)

      ご飯  とんかつみそだれかけ むらくも汁

       野菜と梅肉おかか和え  牛乳    

 6月に入りました。梅雨の時期ですね。「梅」に「雨」という漢字で「梅雨(つゆ)」と書くように、「梅」の旬は6月頃と言われ、まさに旬まっただ中(なか)の「梅」。木になっている,青い未熟な梅には「アミグダリン」という中毒のもとになる成分があるので,そのまま食べてはいけません。梅干しや梅酒などに加工することで,アミグダリンが分解され,安心して食べることができるようになります。梅には疲れをとる「クエン酸」が多く,食欲をアップさせる効果もあります。今日は季節を感じる「梅」の果肉をたたいたものを、野菜と和えています。さっぱりとしているので、とんかつと交互に食べてくださいね。

    

6月11日(火)
麻婆豆腐

      麻婆豆腐丼 はるさめサラダ

        フルーツ杏仁豆腐 牛乳

今日は,麻婆豆腐丼です。麻婆豆腐は,中国四川省を代表する料理です。麻婆豆腐という料理名の由来にはいろいろありますが,代表的なのは2つ!
☆四川省の麻(マー)さんというお婆さんが作った豆腐料理がとてもおいしいと評判になり、麻(マー)さんのマ―、おばあさんという漢字をあてて、ボー読み、『麻婆豆腐』と呼ばれるようになったという説
☆ひき肉と豆腐のでこぼこした感じが、お婆さんの顔のように見えたからという説
四川省は、広い中国の内陸部に位置し、寒さが厳しい地方です。昔は、現在のように交通網が発達していなかったので食料を輸送するのが大変でした。だから保存効果があり、体を温めるぴりっと辛い料理が四川省で発達したと言われています。

    

6月10日(月)
なめたけ

      ご飯 白身魚オイネーズ焼き 高野豆腐田舎煮

       なめたけ和え ひとくちピーチゼリー 牛乳

6月4日から続いた「歯と口の健康週間」も最終日です。健康に役立つ、かみごたえのある食べ物、カルシウムたっぷりのメニューを積極的に取り入れてきました。最終日の今日はカルシウムたっぷりの「高野豆腐田舎煮」と、給食室で手作りをして、かみごたえをアップした「なめたけ和え」です。地方によって「なめたけ」を指すきのこの種類は様々(さまざま)なようで「なめたけ」と言えば「このきのこを指す」ということは,一概に言えないそうです。今日の「なめたけ和え」は,えのき茸を醤油やみりんで煮詰めて「なめたけ」を作り、小松菜・人参・もやし・ごまと和えて、彩りの良い和え物にしています。市販の「なめたけ」だけで食べるよりも味が薄く感じるかもしれませんが、歯ごたえも良いので、食べて下さいね。

    

6月7日(金)
生揚げの田楽

      ご飯 生揚げの田楽(2個)

       白玉汁 海苔和え 牛乳

 今日は,「生揚げの田楽」です。「田楽」とは、豆腐などにみそを塗って焼いた料理です。里芋やこんにゃくなどの「田楽」もありますね。「田楽」という名前の由来は、平安時代の踊りをする〝芸人の姿〟に似ているところから名付けられました。この芸はもともと、田植えの際に豊作を祈る「田舞(たまい)」という芸能が発達したものです。長い棒の上で芸を演じる〝さぎあし〟という踊りが、足の先から細い棒が出て、腰から下は白色、上に着ている物は色違いという取り合わせが一見、白い豆腐に変わりみそを塗った豆腐料理に感じが似ているので、この名がついたとのことです。今日は、崩れにくい生揚げの田楽です。食べて下さい。

    

6月6日(木)
じゃがいも(とうや)

     ブドウパン あじのトマトチーズ焼き

      クラムチャウダー 海藻と野菜のかむサラダ 牛乳

 今日のクラムチャウダーに入っているじゃがいもは「とうや」という品種です。佐倉市の「弥富直売所」から届けられたものです。じゃがいもは,皮をむくと赤っぽく変色しますが,この「とうや」は色が変わりにくい品種です。煮こんでも崩れにくいので,形が残った煮崩れの少ないじゃがいも料理が好まれる関西方面で,よく使用されているようです。給食室でコトコト大きな鍋で煮るため,多少は崩れますが見た目はいかがでしょうか。ビタミンCは加熱するとこわれてしまう栄養素ですが,じゃがいものビタミンCは,でんぷんに守られているので,加熱してもこわれにくく,体に吸収されやすい食品です。     

6月5日(水)

レタス&アジサイゼリー

     ご飯 揚げ餃子(2個) 中華レタススープ 牛乳

      切り干し大根オイスター炒め 手作りアジサイゼリー

 今日は旬のレタスを使った「中華レタススープ」です。レタスの芯の部分を包丁で切ってみると、白い液が出てきます。今度なめてみてください。みずみずしいレタスからは想像できないような苦い味がします。畑には、レタスを食べようとねらう害虫がたくさんいます。この苦み物質で害虫に食べられないように身を守っているそうです。人間にとっては,この苦味物質は、気持ちを落ち着かせる効果があるそうですよ。また,夏の季語にもなっている「あじさい」をイメージした給食室手作りのゼリーもついています。あじさいの色は,青・紫・白など,いろいろとありますが,今日はブドウジュースを少し入れて紫色を表現しました。

    

6月4日(火)

「歯と口の健康週間」

64日~10日)

       麦ご飯 かみかみかき揚げ 大根のみそ汁

        おかかサラダ まんてん大豆  牛乳

 今日から10日まで「歯と口の健康週間」です。初日の今日は,特に,歯の健康を意識した献立です。普段は白いご飯が多いですが、今日は『麦ご飯』にしました。かみごたえのある「さきいか」や「ごぼう」を具に入れた『かみかみかき揚げ』。小袋の『まんてん大豆』といった、かみごたえのある「かみかみメニュー」を取り入れました。良く「かむ」ということは,食べ物の味をよく感じることができます。また,唾液もたくさん出るので,それがむし歯予防に役立ちます。今日は,特に良くかむことを意識しながら,給食を食べましょう。そして,やわらかい物でも,良くかむ習慣をつけていけると良いですね。 

    

6月3日(月)

ハヤシライス

       ハヤシライス ひじきとツナのサラダ

  ナタデココ入りフルーツヨーグルト 牛乳

今日は、「ハヤシライス」です。給食でもカレーライスの登場が多いですが、今回は久しぶりに「ハヤシライス」です。ハヤシライスの具には、牛肉を使って作る場合も多いですが、今回は豚肉で作っています。しめじとマッシュルームといったきのこ類、人参、玉ねぎなども入っています。トマトケチャップやデミグラスソースなどで味付けをしています。カレーと比べるとちょっぴり甘めの料理です。食べてみて下さい。