2月の給食  献立表  給食だより  食育だより


2月28日(水)

サフラン

 〈メニュー〉キーマカレーライス チキンと海藻のサラダ

         手作りゆずゼリー  牛乳

 キーマカレーをかけて食べる,今日の黄色いご飯。この黄色は,「サフラン」の色です。「サフラン」は,アヤメ科の植物で,花の柱頭(めしべ)を乾燥させたものです。水に溶けるので,ご飯と一緒に炊き込むことで,黄色いご飯ができあがります。東中学校の全員分のご飯に,たった5gのサフランを加えて炊いただけで,この色鮮やかな黄色いご飯ができました。「サフラン」の独特の香りは,魚介類や米料理と好相性と言われています。スペイン料理には欠かせないスパイスとして,魚介類をたくさん使った料理「パエリヤ」や「ブイヤベース」や,今日のように「サフランライス」として使われることが多いです。日本へは,江戸時代に薬として伝わりました。見た目も鮮やかになり,食欲をアップさせてくれるサフランライスにキーマカレーをかけて,たくさん食べてくださいね。


2月27日(火)

清見(きよみ)オレンジ♪(みかん×オレンジ)

 〈メニュー〉ご飯 サバのみそ煮 肉じゃが

  野菜ごまあえ 清見オレンジ 牛乳

 今日は,デザートの果物として「清見オレンジ」がついています。毎年この時期に登場するので,味を覚えている人もいるのではないでしょうか。清見オレンジは,日本のおいしい果物(くだもの)です。日本のみかんと外国生まれのオレンジのかけ合わせの品種です。みかんと、オレンジのかけあわせたものを、「タンゴール」と言いますが、清見オレンジは,日本で初のタンゴールと言われています。「清見(きよみ)」という名前は,静岡県の静岡市の清水区にある,果樹試験場でつくられたことから,名づけられました。すっぱさ控えめで,かんきつ類が苦手な人も食べやすい,ジューシーな果物ですので,ぜひ食べてみてくださいね!


2月26日(月)

餃子のお話

 〈メニュー〉小松菜チャーハン トックスープ

揚げ餃子(2こ) もやしのサラダ 牛乳 

今日は,「餃子」のお話です。日本で「ぎょうざ」と言えば,焼き餃子が一般的ですが,世界全体でみると,水餃子や蒸し餃子で食べられることの方が多いようです。水餃子や蒸し餃子などにすると,さっぱりとしているので,御飯がなくてもそれだけでたくさん食べられます。日本では,ごはんのおかずとして,餃子を油で焼き,香ばしくして食べることが好まれるという理由で,焼き餃子が多いと考えられています。焼き餃子も良いのですが,今日の給食では,冷めてしまって皮がかたくなったり,皮が破れたりすることもあるので,皮をパリッと揚げた揚げ餃子にしました。今から320年ほど前,「福包(ふくつつみ)」という鴨肉を使った餃子が,水戸黄門でお馴染みの「水戸光圀(みとみつくに)」に献上されたという文献もあり,水戸黄門は,日本人で初めて「餃子」を食べた日本人と言われています。


2月23日(金)
《海苔》のお話

 〈メニュー〉海苔ごはん  鮭のマヨコーン焼き  かき玉汁

  人参サラダ  ヨーグルト  牛乳

今日の主食「海苔ごはん」は,お弁当でお馴染みの〝海苔弁〟で食べ慣れているのでしょうか。今日は,3年生リクエストメニューで入れました。

「のり」は,「ぬら」という言葉が転じてできた名前です。

「ぬら」とは,その名の通り「ぬるぬるする」という意味があって,そこから「ぬら」→「のり」になったそうです。江戸時代,品川沖では「のり」が有名な産地だったそうで,江戸前寿司や,のりせんべい,浅草のりなどで,古くから名物になっていますね。ちなみに,今日は,千葉県産ののりを使用しています。のりには,食物せんい,カルシウム,たんぱく質などが特に豊富です。しっかりと食べましょう。


2月22日(木)

カンボジア→「かぼちゃ」

 〈メニュー〉コッペパン マーガリン チリコンカン

かぼちゃのスイートサラダ 手作りココアプリン 牛乳

今日は,かぼちゃのお話です。かぼちゃの旬は,夏ですが,水分も少なく,栄養価も高いかぼちゃは,一年中でまわっています。お菓子にも料理にも使えるカボチャは,まさに万能野菜ですね!日本には,十六世紀にカンボジアという国から,伝わった野菜なので,この名前がつきました。日本カボチャ,西洋カボチャ,ペポカボチャゃの3種類に分類されます。一般に流通しているかぼちゃで一番多いのは,日本カボチャではなく,西洋カボチャが多くなっています。西洋カボチャは,ほくほくとして甘味が強く,日本カボチャは,ねっとりして煮物などにもあう,和食むきと言われています。ぺポカボチャは,観賞用などにされることが多いですが,夏野菜の「ズッキーニ」は,ぺポカボチャの仲間です。今日のサラダには,甘みの強い西洋カボチャを使っています。


2月21日(水)
「つぼ焼ききのこシチュー」

 〈メニュー〉チキンライス  つぼ焼ききのこシチュー

  ひじきのマリネ  アセロラゼリー  牛乳

今日は3年生リクエスト「つぼ焼ききのこシチュー」です。

つぼ焼きシチューとは,ビーフシチューやクリームシチューを中身に使って,パン生地やパイ生地をかぶせて焼き上げたものです。

今日の給食は,旨みを多く含むきのこのシチューを入れました。佐倉きのこ園のしいたけ,歯ごたえの楽しいエリンギをよく炒めた後,出てくる水分を十分煮詰め,これがコクの元になっています。

バットのふたを開けた時の驚きや食べてくれる人の笑顔を思い浮かべ,ひとつひとつ給食室手作りです。忙しいメニューですが,調理員さんたちが一生懸命作ってくれました。焼き上げたパンにシチューをつけて食べたり,チキンライスにシチューをのせたり,いろいろな食べ方で楽しんで食べてください。


2月20日(火)

麻婆豆腐(マーボーどうふ)

 〈メニュー〉麻婆豆腐丼 手作り春巻き

      野菜と卵のスープ 牛乳

今日は,麻婆豆腐丼です。

麻婆豆腐は,中国四川省(しせんしょう)を代表する料理です。麻婆豆腐という料理名の由来にはいろいろありますが,代表的なのは2つ!

☆ 四川省の麻(マー)さんというお婆さんが作った豆腐料理がとてもおいしいと評判になり、麻さんのマ―、「婆」いう漢字をあてて、ボー読み、『麻婆豆腐』と呼ばれるようになったという説

☆ ひき肉と豆腐のでこぼこした感じが、お婆さんの顔のように見えたからという説

四川省は、広い中国の内陸部に位置し、寒さが厳しい地方です。昔は、現在のように交通網が発達していなかったので食料を輸送するのが大変でした。だから保存効果があり、体を温めるぴりっと辛い料理が四川省で発達したと言われています。


2月19日(月)

ガーリック(にんにく)

 〈メニュー〉ご飯 鰯のガーリックたつたあげ さつま汁

  たくあん和え バナナ 牛乳

今日は「ガーリック」つまり「にんにく」の話です。今日のように魚の下味をつけたり,炒め物にしたり,カレーに使ったりと給食でも欠かすことができない食材です。たくさんの量を使わなくても,食欲を刺激する良い香りがしますね。にんにくの香りのもとは,ニラに含まれる香り成分と同じで,硫黄化合物の一種「アリシン」というものです。「アリシン」は,免疫力を高め,疲労回復の効果があります。また,にんにくに含まれるビタミンB1が「アリシン」と結びつくことで,さらなる効果を発揮します。


2月16日(金)
しゅうまい

 〈メニュー〉ご飯 えびしゅうまい(2こ) 生揚げみそ炒め

春雨サラダ マスカットゼリー  牛乳

今日は,えびを使った「えびしゅうまい」です。「焼く」という漢字に「売る」という漢字を組み合わせて「シュウマイ(焼売)」と書きます。もともとは,豚の挽肉を小麦粉の皮で包み,蒸して調理した中華料理です。しゅうまいは,蒸した蒸気で火を通し,加熱して食べる料理ですが,なぜ漢字には「焼く」という漢字が使われているのでしょう?はっきりとした由来はわかっていませんが,本場中国では,「焼く」という漢字は,「火や熱を加えてもともとの食材を変化させること」「強く熱すること」を意味するそうです。そこから,きた漢字なのではないかということです。


2月15日(木)

ケチャップ!どこの国で作られたの?

 〈メニュー〉彩野菜のミートソーススパゲッティ 牛乳

       ブロッコリーとツナのサラダ 手作り苺蒸しパン

今日は,トマト味がベースとなった3年生のリクエストメニューでもある「彩野菜のミートソーススパゲッティ」です。そこでトマトケチャップのお話をしましょう。ケチャップの始まりは,300年前にマレー半島にあった「ケチヤプ」というソースだといわれています。今のようなトマトで作るトマトケチャップは,200年前にできました。これはどこの国で作られたのでしょうか?

          アメリカ  ②イタリア  ③日本

 

   答えは,①アメリカです。世界中でトマトケチャップが一番よく使われているのは,アメリカと日本だそうです。子どもからお年寄りまで,ケチャップ好きな人は多いですね。トマトケチャップは,「トマトピューレ」というトマトを煮込んだものに香辛料,酢,砂糖を入れて煮詰めて濃くしたものです。サラダも,口の中がさっぱりするので,たくさん食べましょう!


2月13日(火)
マヨネーズ

 〈メニュー〉麦ごはん 白身魚梅衣揚げ 田舎汁 牛乳

       鶏肉と野菜のマヨネーズ和え お米のガトーショコラ

みなさん,料理で使う調味料の「さしすせそ」は,何を指すのか知っていますか?「さ」は砂糖,「し」は塩,「す」は“お酢”,「せ」は,“せうゆ”という言葉から醤油のことをさしています。「そ」は,みその「そ」。

この中には入りませんが,みなさんが好きな「ケチャップ」「ソース」「マヨネーズ」などいろいろな調味料がありますね。

今日は,今日のサラダに使われている「マヨネーズ」のお話です。卵・お酢・油・調味料で作ったソースです。18世紀にフランスで初めて作られたと言われています。よく「水と油は混ざらない」と言いますが,マヨネーズはきちんと混ざっていますよね。水分のある“お酢”と“油”がよく混ざるのは,卵の中の「レシチン」という成分が乳化させるので,よく混ざるのです。家でも,簡単に手作りマヨネーズを作ることができますが,新鮮な卵を使うことがポイントです。


2月9日(金)

3年生応援献立

 〈メニュー〉ごはん 豚カツみそだれかけ けんちん汁

  ツナコーンサラダ いよかんタルト 牛乳

 来週13日,14日は, 3年生の公立高校前期入試ですね。3年生で進路が決まっている人もいるかもしれませんが,これからの人も多いと思います。勝利を願って「とんかつ」と,デザートには「い~予感」になるようにと「いよかんタルト」をつけました。休み明けの試験です。手洗い・うがい・食事・睡眠をしっかりとり,体調を整えましょう。当日の朝は,ごはんやパンなどの炭水化物を中心に,しっかり朝食を食べて,余裕を持って出かけましょう。朝食を食べて,脳を目覚めさせれば,きっと今までの勉強の成果を出せると思います。

3年生の受験するみなさん,落ち着いて望んできてください。給食室からも,応援しています。


2月8日(木)
蓮根

 〈メニュー〉ご飯 佐倉市の蓮根入り松風焼き

ほうれん草海苔和え どさんこ汁 デコポン 牛乳

 今日は,蓮根のお話です。れんこんは,蓮(はす)の地下茎が肥大した部分を指します。見た目は根のようなので「蓮の根」と書いて蓮根と言われるようになりました。蓮の若葉も食べられるそうです。れんこんを輪切りにした時に,丸い空洞が並んでいて,向こうが良く見える事から,日本では「先の見通しが良い」ということで,縁起が良い食べ物とされていますね。一年中お店には並んでいますが,今の寒い時期が旬です。ビタミンCやポリフェノールが豊富です。今日は,佐倉市でとれた蓮根入り松風焼きです。佐倉市で,栽培されているということを初めて聞く人もいるかもしれませんね。是非,旬の佐倉市産蓮根を味わってください。


2月7日(水)

いかの南蛮漬け

 〈メニュー〉ご飯 いかの南蛮漬け そぼろ大根

コンガリキツネの和風サラダ チーズ 牛乳

今日は「イカの南蛮漬け」です。片栗粉をつけてからっと揚げたところに,唐辛子,ねぎなどを加えた甘辛いタレをからめています。「いか」は,くにゃくにゃとしている姿からもわかるように軟体動物です。世界中で約450種類,日本近郊には130種類近くのイカが生息しています。一番大きい種類の「ダイオウイカ」の全長は,16メートルを超える大きさがあります。逆に一番小さい種類の「ヒメイカ」の全長は,1.6センチメートルぐらいだそうです。発光,つまり光る種のいかもあり,ケンサキイカやミミイカなどは発光細菌を保持することで光るのですが,ホタルイカやユウレイイカなどは,自分自身で光る発光器が体内にあるのだそうです。低脂肪・低カロリー・高タンパク質です。他にも「タウリン」という成分が豊富で,糖尿病予防や不整脈の改善,血圧を正常にするなどの働きがあります。


2月6日(火)
キムチ

 〈メニュー〉ご飯 豆腐ハンバーグ(大根おろし) ゴマキムチ汁

マカロニサラダ ひとくちみかんゼリー 牛乳

 今日は,キムチを使った「ゴマキムチ汁」です。そこで今日は「キムチ」の話を少ししましょう。普通「キムチ」というと,白菜のキムチのことを呼ぶことが多いですね。キュウリで作ったキムチは「オイキムチ」大根で作ったキムチは「カクテキ」などと呼びます。塩を振り野菜の水分を出した後,にんにく・生姜・ねぎ・とうがらしなどの薬味を漬け込み作る方法が多いですが,野菜の水分を出さないでそのまま薬味を漬け込む「水キムチ」などもあるそうです。辛い物が苦手な人もいると思いますが,「食の体験」をしてもらいたいと思い,今日の給食に登場です。すりごまと練りゴマを加えて,キムチの辛さがまろやかになっています。また,キムチと相性ばっちりのみそ味で,食べやすくなっているのではないでしょうか。キムチの辛さで,体も温まりますよ。


2月5日(月)

カレイ

 〈メニュー〉ツナひじきご飯 カレイのフライ

沢煮椀 野菜の梅肉おかか和え 牛乳 ミルメーク

今日は,お魚「カレイ」のフライです。「カレイ」は,白身で,高たんぱく質で低脂肪の魚です。「左ヒラメに右カレイ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?お腹を手前にして「左に目があるのが〝ヒラメ〟右に目があるのが〝カレイ〟」ということになります。ヒラメもカレイも,は孵化後10日目ぐらいまでは普通の魚と同じように目は頭の左右にひとつずつあり,背びれを上にして泳いでいます。ところが体長10ミリ前後に成長すると目の移動が始まり,40日目には目の移動が完了し,親と同じように白い裏側を下にし海底生活を行う形になるそうです。不思議なおもしろい魚ですね。


2月2日(金)

明日(23日)は節分

 〈メニュー〉手巻き寿司 (酢飯,のり,卵1個,鰯2個,)

       鬼かまぼこ入り白玉汁 ゴボウサラダ 福豆 牛乳

 明日は,節分です。節分は,季節の変わる節目の日のことで「立春」「立夏」「立秋」「立冬」のそれぞれの前日のことを言います。節分は,2月4日の立春の前日にあたります。冬の終わりをつげる日であり,新たな春を迎える日です。日本人は,季節や農業が深く結びついた生活をしてきました。植物が成長する春は,とても大切な季節だったのでしょうね。そこで節分には,邪気をはらい,福を招くために「豆まき」をして家の中の災いをはらいます。豆まきの他に,とげとげとしたヒイラギの小枝にイワシの頭をさして玄関に飾ります。これは,鬼がヒイラギのトゲを嫌がり,イワシを焼く臭いを嫌って逃げ出すからと言われています。今日は,節分にちなんで,恵方巻きをイメージし海苔を巻いて食べる「手巻き寿司」に具として「鰯のから揚げ」と「福豆」をつけました。


2月1日(木)
手作りコロッケ

 〈メニュー〉麦ご飯 手作りコロッケ(小袋ソース) 焼肉サラダ

  豆腐とわかめのみそ汁  牛乳

今日から2月ですね。もう少し寒さが続きそうです。ニュースなどでも取り上げられているように,寒さのせいか野菜がとっても高値(たかね)です。特に,「葉物野菜(ほうれん草や小松菜,白菜など)が高いのですが,比較的,大根・にんじん・じゃがいもなどの根菜類は価格の上昇が控えめで,今の時期のお助け食材です。今日は,そのお助け食材〝じゃがいも〟を使った「手作りコロッケ」です。じゃがいもを切って,水っぽくならないように蒸し器で蒸してつぶしたあと,豚のひき肉とタマネギを炒めたものとまぜ,一人分ずつ形をととのえてパン粉をつけて揚げています。調理員さん達が一生懸命作ってくれました。コロッケの名前の由来は,フランス料理の「クロケット」からきているそうです。コロッケは、大正時代に普及したの三大洋食の一つと言われています。ちなみに三大洋食は,カレーライス,とんかつ,コロッケです。大正時代は,ビーフステーキや,とんかつよりも高価(こうか)な食べ物だったそうです。コロッケは,炭水化物が多いので,たんぱく質を補給するために,副菜として〝焼肉サラダ〟をつけました。