12月の給食 献立表 給食だより 家庭向けだより  


12月19日(木)
今年最後の給食

 〈メニュー〉チキンライス つぼ焼きスープ 牛乳
       
フレンチサラダ チョコケーキ(ブッシュドノエル) 

 今日は、今年最後の給食です!クリスマスも近いので、ちょっと豪華なメニューです。さて、みなさん、今年を振り返ってみて、いかがだったでしょう?来年も、給食室一同、力を合わせてがんばりますので、みなさんも好き嫌いせず、今年と同様たくさん食べてくださいね。冬休みは、さまざまな食文化にふれることと思います。家族で楽しい食卓を囲み、規則正しい生活をしてください。寒いからといって、家の中でだらだらした生活をするのではなく「早寝・早起き・朝ごはん」が健康管理の基本です。1月7日、また元気なみなさんに会えるのを楽しみにしています。     

12月18日(水)
冬至に南瓜

 〈メニュー〉十六穀米ご飯(ごま塩) 手作り茶碗蒸し チーズ
 
鶏肉と大根お吸い物 南瓜のそぼろ煮 マスカットゼリー 牛乳

今年の「冬至」は、12月22日です!冬至とは、1年で昼が最も短く、夜が最も長い日です。太陽の光が弱まり、その日を境にして日照時間が長くなります。日本では昔から、冬至に南瓜を食べ、ゆず湯に入る習慣があります。なぜ、夏が旬の南瓜が、冬の時期に食べられてきたのでしょうか?昔は、冬の時期に取れる野菜が少なく保存もできませんでした。その中で、長く保存のきく南瓜は、冬の貴重な栄養源でした。体内でビタミンAに変わるカロテンが多く、肌や粘膜を丈夫にし、感染症などに対する抵抗力をつけます。『冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない』といわれるのはそのためです。今日は給食室で「南瓜のそぼろ煮」を作りました。

    

12月17日(火)
ナタデココ

 〈メニュー〉ポークカレーライス ブロッコリーサラダ

  ナタデココ入りフルーツヨーグルト 牛乳

今日のフルーツヨーグルトには、独特な歯ざわりで人気のナタデココが入っています。そこで「ナタデココ」のお話です。「ナタデココ」、この名前はスペイン語だって知っていましたか?スペイン語で「ナタ」は、「被膜」という意味があります。ココナッツの水分に、酢酸菌の一種を加えて発酵させると、被膜のように表面から固まっていきます。これを細かく切ったものが、ナタデココ。こんにゃくのような、寒天のような、独特の弾力があって、かみごたえもありますが、カロリーも低く食物せんいも豊富なので、ダイエット食品にも使われますね。

    

12月16日(月)
ビーンズ蒸しパンと食物せんい

 〈メニュー〉ビビンバ ビーンズ蒸しパン

  キムチスープ  牛乳

 今日は、東中で初めてのメニュー「ビーンズ蒸しパン」です。ビーンズ、つまり豆の蒸しパンです。白いんげん豆を使っています。給食は、文部科学省から出された基準にそって、栄養バランスが考えられています。例えば、エネルギー、たんぱく質、食塩相当量、食物せんいなど、たくさんの基準があります。その中でも、工夫してもっととっていかなくてはいけないのが「食物せんい」です。最近、豆を使った料理が、ちょっとずつ給食の中で増えています。それは、主に「食物せんい」をとるためです。今日の「ビーンズ蒸しパン」もそのひとつ。また、キムチスープにも溶けない「寒天」を加えて、食物せんいがとれるように工夫しています。これからも献立を工夫して、おいしく「食物せんい」がとれるようにしたいと思います。みなさんも普段の食事で、食物繊維の多い「野菜、海藻、きのこ、豆類など」を積極的にとって欲しいと思います。     

12月13日(金)
のっぺい汁

 〈メニュー〉ご飯 さばのごまみそ焼き のっぺい汁

  人参サラダ ひとくちブドウゼリー 牛乳

 「のっぺい汁」は全国各地で昔から伝わる郷土料理です。新潟県(にいがたけん)や奈良県、島根県、熊本県などでも作られていて、各地「のっぺい」「のっぺい汁」「のっぺい鍋」「のっぺい煮」「のっぺ」「のっぺ汁」などさまざまな呼び方をします。季節の野菜をたくさん使っています。鶏肉や鮭などを入れる事もあります。とろみがあるのが特徴です。今日の給食でも、鶏肉を使って、たくさんの野菜を入れて、片栗粉を使ってとろみをつけています。全国各地で作られているのっぺい汁、奈良県のものが最も古いと言われていますが、各地へどのように伝わったのか、それとも別々に生まれたのかはわかりません。とろみがついているので、冷めにくく、体が温まりますので、食べて下さい。

    

12月12日(木)
タンドリーチキンとピタパン

 〈メニュー〉ピタパン タンドリーチキン チリコンカン

  コールスローサラダ 牛乳 手作り柚子ゼリー

今日は久しぶりのメニュー「タンドリーチキン」です。インド料理です。もともとは、鶏肉を串刺しにして〝タンドゥール〟という壺の形をした釜で焼き上げた物なので、このような名前がつきました。カレー粉とガラムマサラなどのスパイスと、まろやかにするためにヨーグルト,塩・こしょう・ケチャップやにんにくなどをつけこんで、焼き上げました。イタリアの「ピザ」の語源となっているという「ピタパン」は、中が空洞になっています。地中海や、中東、北アフリカなどで広く食べられています。タンドリーチキンやチリコンカン、コールスローサラダなど、好きなものを挟んで食べてくださいね。

    

12月11日(水)
里芋の揚げ煮

 〈メニュー〉卯の花丼 豚汁 牛乳

       里芋の揚げ煮 花みかん

今日は「里芋の揚げ煮」です。普段、煮物やみそ汁の具にすることが多い「里芋」ですが、今日は“でんぷん”つまり“片栗粉”をまぶして、カラリと油で揚げています。そのあと、水あめや砂糖、醤油などをからめて、ごまをふって仕上げます。里芋の特徴である【ぬめり】が、油で揚げることで気にならなくなるので、苦手な人には食べやすいと思います。この【ぬめり】は「ムチン」や「ガラクタン」という食物せんいです。腸の働きを活発にする働きがあります。里芋は、親芋のまわりの子芋、孫芋とどんどん増えるので、子孫繁栄の意味があるおめでたい食べ物です。これからお正月を迎えますが,お節料理などに欠かせない食べ物です。

    

12月10日(火)
ポトフ

 〈メニュー〉カレーピラフ ポトフ

  おからドーナッツ 牛乳

 今日は、たくさんの野菜を煮込んだ「ポトフ」です。「ポトフ」の「ポト」は、「鍋」や「つぼ」という意味。「フ」は、火にかけるという意味があるそうです。フランスの家庭料理です。大きめに切った肉や野菜を、じっくりと煮込んで火を通します。今日は、豚肉・ウィンナー・じゃがいも・にんじん・玉ねぎ・うずら卵・かぶ・彩りにいんげんも加えて、とても具だくさんです。栄養バランスもとりやすく、体も温まりますね。

    

12月9日(月)
松風焼き

 〈メニュー〉ご飯 松風焼き 田舎汁

       白菜のおひたし カルテツヨーグルト 牛乳

今日は、松風焼きのお話です。「松風焼き」とは、鶏のひき肉などにつなぎと調味料を混ぜて型に入れ、上の面にはケシの実(今日はごま)などを散らして焼いた料理です。この名前の由来には、いろいろな説がありますが、一説に次のようなせつない物語があります。平安時代、在原行平という男が、松風という娘と恋に落ちました。ところが、行平は都に帰らなければならなくなりました。松風は、行平がもう帰ってこないと知りながら、須磨の浦の浜辺で一本の松の木を行平だと自分に言い聞かせ、おどり続けました。この様子を松風(待つ風)ばかりで浦さびし」と表現しました。また,名前は同じでも,見た目が似ている「松風」という和菓子もあります。

    

12月6日(金)
クララ・ホイットニーメニュー

 〈メニュー〉キャロットピラフ 仙とクララの仲良しスープ

  手作りブルーベリーマフィン 牛乳

今日は「クララホイットニー献立」です。 

クララ・ホイットニーは、明治時代に佐倉出身の津田仙の依頼により、日本で西洋料理のレシピ本「手軽西洋料理」を執筆、出版した人物です。本では、スープやビスケット、パイ、マフィンなどの作り方が紹介されています。仙が西洋野菜を広め、クララが西洋料理の本を出版したことは、日本に西洋野菜と料理を広めた功績とともに、日本の食生活改善運動でもありました。本日12月6日は,クララの命日なので、クララメニューを取り入れました。今日は本に紹介されている「マフィン」(佐倉市産のブルーベリー入り)と、「とうもろこしのスープ」に、津田仙が広めた西洋野菜である「ブロッコリー」「カリフラワー」を入れました。

    

12月5日(木)
白玉もち

 〈メニュー〉ご飯 生揚げの田楽 白玉汁

  みそドレッシングサラダ オレンジ 牛乳

今日は、白玉もちが入った白玉汁です。そこで今日は「白玉もち」のお話。お米は、普段給食で食べているご飯「うるち米」、「もち米」の二つに大きく分けられますが、「白玉もち」は、「もち米」から作られます。「もち米」を水洗いした後、細かくし乾燥させると、とても細かい粉になります。それを、水でこねて耳たぶ位のかたさに丸め、ゆでるとできあがります。つるっとした「白玉もち」は、とっても食べやすく、どの年代にも人気ですね。今日のように汁物に入れたり、水ようかんに入れたり、あんこやきな粉をまぶして、おもちのように食べることもできます。お米からできているので、ご飯と同じくエネルギーのもととなります。

    

12月4日(水)
白菜

 〈メニュー〉ご飯 手作りキャベツメンチカツ 白菜のスープ

  ほうれん草のソテー ふじりんご 牛乳  

鍋料理には欠かせない白菜。白菜の旬は11月下旬から2月ごろにかけてで、まさに今旬を迎えています。霜にあたるとやわらかくなり、甘みが出ておいしくなります。西洋のキャベツに対し、東洋を代表する野菜です。淡い緑色をした大きな葉は、周囲がちりめん状に縮れて、互いに抱きあうように重なります。大きくなるにつれて白い部分が太く伸びるため「白菜」とよばれるようになりました。今日は、白菜をたっぷり使った体が温まるスープです。

    

12月3日(火)

佐倉市産ハロウィンスイート

 〈メニュー〉三色どんぶり いわし満汁

  佐倉市産ハロウィンスイートの大学芋(2) 牛乳 

みなさん「ハロウィンスイート」という名前を聞いたことがあるでしょうか?〝ハロウィンだからカボチャ?〟と思う人もいるかもしれません。最近は、テレビなどでも紹介されることもあり、10月31日の「ハロウィン」の時期に話題にされたりもしていましたよ。「ハロウィンスイート」は、さつまいもの新しい品種です。見た目は鮮やかなオレンジ色で、まさにカボチャのような色をしています。色が濃いため、疲れ目に効果があるベータカロテンの量は、従来の100倍近く含まれています。水分が多く、しっとりとした食感で、甘さは控えめという特徴があります。今日は、「佐倉市産のハロウィンスイート」を大学芋にしています。いつもとちょっと違う大学芋を味わってください。

    

12月2日(月)

とんぼ舎さくらの漬物

 〈メニュー〉ご飯 鮭の和風タルタル焼き みそけんちん汁

      切り干し大根含め煮 リンゴゼリー 牛乳

「漬物」の食べ方と言えば、みなさんは、どんな様子を想像するでしょうか?白いご飯にそのままのせて食べる様子を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。今日は、きゅうりの漬物をソースにして焼き上げた「鮭の和風タルタル焼き」です。漬物の珍しい食べ方かもしれません。この漬物は、佐倉市「生谷(おぶがい)」という地区にある漬物工場「とんぼ舎さくら」で作られたものです。こだわりの材料を使って、丁寧に作られ、食品添加物を一切使わず、塩分控えめに作られています。一緒に配布した『地場産だより』に、とんぼ舎さくらの漬物についてのせてありますので、こちらも読んでください!