12月の給食 献立表 給食だより 家庭向けだより  


12月19日(水)
今年最後の給食

 〈メニュー〉チキンライス つぼ焼きスープ

  フレンチサラダ セレクトケーキ 牛乳

今日は,今年最後の給食です!クリスマスも近いので,ちょっと豪華なメニューです。 3種類から,みなさんに選んでもらったケーキも登場です。さて,みなさん,2018年を振り返ってみて,いかがでしたか?来年も給食室一同,力を合わせてがんばりますので,みなさんも好き嫌いせず,たくさん食べてくださいね。冬休みは,様々な食文化にふれることと思います。家族で楽しい食卓を囲み,規則正しい生活をしてください。寒いからといって,家の中でだらだらした生活をするのではなく、「早寝・早起き・朝ごはん」が健康管理の基本です。1月7日,また元気なみなさんに会えるのを楽しみにしています。

    

12月18日(火)
冬至に南瓜

 〈メニュー〉ほうとう たくあん和え ミートオムレツ

       抹茶蒸しパン 牛乳

今年の「冬至」は,12月22日です!冬至とは,1年で昼が最も短く,夜が最も長い日です。太陽の光が弱まり,その日を境にして日照時間が長くなります。日本では昔から,冬至に南瓜を食べ,ゆず湯に入る習慣があります。なぜ,夏が旬の南瓜が,冬の時期に食べられてきたのでしょうか?昔は,冬の時期に取れる野菜が少なく,保存もできませんでした。その中で,長く保存のきく南瓜は,冬の貴重な栄養源でした。体内でビタミンAに変わるカロテンが多く,肌や粘膜を丈夫にし,感染症などに対する抵抗力をつけます。『冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない』といわれるのはそのためです。今日は給食室で,南瓜を入れた「ほうとう」にしました。山梨県付近で昔から伝わる郷土料理です。具だくさんで,体が温まると思います。

    

12月17日(月)
ちゃんちゃん焼き

 〈メニュー〉ご飯 鮭のちゃんちゃん焼き

  豚肉と野菜の煮物 ふじりんご 牛乳

今日は『鮭のちゃんちゃん焼き』です。もともと「ちゃんちゃん焼き」は,もともと魚を野菜と一緒に鉄板で焼いた,北海道の漁師町の郷土料理です。鮭を使うことが多いですが〝にじます〟などを使うこともあるそうです。ちゃんちゃん焼きの名前の由来は,

      お父ちゃんが作る料理だから。

      ちゃっちゃと作ることができるから。

      鉄板で焼くときに,チャンチャンと音を    立てながら炒めるから。などの言い伝えがありますが,ハッキリとしたことは、わかりません。給食では,炒める代わりに,鮭と野菜をホイルでくるんでオーブンで焼き上げています。蒸し焼きにすることで,鮭と野菜の旨みが凝縮されていますので,味わって下さいね。

    

12月14日(金)
いなだ

 〈メニュー〉ご飯 いなだたつた揚げお好み風 ごまあえ

  かぶと豆腐のみそ汁 ミルクゼリー 牛乳

今日は,「いなだのたつた揚げお好み風」です。

「わかし」→「いなだ」→「わらさ」→「ぶり」というふうに,同じお魚でも成長するに従って呼び名が変わるお魚があります。このようなお魚は出世魚と呼ばれ縁起の良いお魚とされています。関西方面では「ツバス」→「ハマチ」→「メジロ」→「ブリ」という呼び名をするようです。同じお魚でも,地方や大きさによって呼び名が違うとは面白いですね。「いなだ」と「ぶり」の栄養価は,それほど変わりがないようですが,たんぱく質が豊富な「いなだ」は脂身が少なく,さっぱりと食べられます。今日は,「いなだ」を油でカラリと揚げたあと,ソースやかつお節をかけて,まるでお好み焼きのように味付けしました。

    

12月13日(木)
実習生の献立

 〈メニュー〉セルフかつサンド(丸パン・かつ・ソース)
       ほうれん草入りクラムチャウダー 
       ブロッコリー入りコールスローサラダ

今日は,9月末から10月にかけて,東中学校の給食の調理現場へ実習に来た栄養士の実習生の考えた献立です。コメントをお伝えします。「冬が旬のほうれん草を,心まで温まるようなクラムチャウダーにしました。具だくさんのクラムチャウダーは,牛乳のコクもあるのでほうれん草が苦手な人にも食べやすいと思います。冬のほうれん草は,夏のほうれん草よりビタミンC3倍も含まれていて,美肌や免疫力を高め風邪などの予防効果があります。鉄分も豊富で貧血予防もできます。千葉県は,ほうれん草生産量日本一です。千葉の美味しい野菜を食べましょう。栄養士さんは,みんなが元気で過ごせるような献立を考え,調理員さんは毎日300人分の給食を作っています。佐倉市の野菜などもたくさん使われていて,みなさんが当たり前に食べている給食は,たくさんの人に支えられています。給食が食べられるのは,おそらく中学校で最後だと思うので,美味しい給食に感謝して,楽しく元気に学校生活を過ごして下さい。」ということでした!

    

12月12日(水)
ブルーベリー

 〈メニュー〉ポークカレーライス 人参サラダ

  ブルーベリーヨーグルト 牛乳

今日は,目に鮮やかなブルーベリーヨーグルトです。そこで今日は「ブルーベリー」のお話。特に多く含まれる栄養素三つについてお伝えします。まず一つ目。「アントシアニン」という栄養素が豊富です。ブルーベリーのきれいな紫色は,これが含まれているからです。なすや,ブドウ,紫キャベツなどにも含まれています。ポリフェノールの一種で,目の疲れを軽減したり,視力の向上にも役立つと言われています。二つ目。「ビタミンE」が豊富です。体の酸化を防ぎます。三つ目。皮ごと食べられるブルーベリーは,「食物せんい」も豊富です。バナナの約3倍もの食物せんいを含みます。ブルーベリーの旬は6~9月頃なので,今日は冷凍のブルーベリーを使っています。甘酸っぱい味を,召し上がって下さい。

    

12月11日(火)
チンゲンサイ

 〈メニュー〉麻婆豆腐丼 チンゲンサイの中華スープ

  揚げゴボウごまあえ 牛乳

みなさんが,よく知っている「チンゲンサイ」。今日の中華スープにも入っています。中国の野菜です。和名は,「体菜(たいさい)」と書きます。1970年代に,日本に入ってきたということなので,まだ日本で食べられるようになってからは,40年くらいしかたっていないという比較的新しい野菜です。外で作るいわゆる「露地もの」のチンゲンサイは,秋が旬と言われていますが,ハウス栽培などで育てるものも多く,一年中食べることができます。ほうれん草などと比べると〝アク〟が少ないので,炒め物にしたり,スープにしたり,いろいろな料理に活用しやすく便利な野菜です。疲れ目に良いビタミンAや,体調を整える食物せんい,不足しがちな鉄分も豊富です。

    

12月10日(月)
ゆず

 〈メニュー〉  ごはん 白身魚カレーマヨネーズ焼き 牛乳

    じゃこサラダ 豚肉と焼き豆腐の煮物 ゆずゼリー

今日のデザートはゆずゼリーです。そこで,今日は「ゆず」のお話。ゆずは,消費・生産ともに世界で日本が最大で,日本の代表的な果物の一つです。柑橘類の仲間で,皮は,みなさんも知っているように黄色。でこぼこしていて,香りも酸味も強いです。柑橘類に多い数種類の病気にも耐えられ,ほかのものよりも消毒の必要がなく,無農薬栽培も比較的簡単にできるそうです。成長が遅いことでも知られ,言い方は悪いですが「桃栗3年,柿8年,ゆずの大馬鹿18年」と言われることもあるそうです。酸味のあるゆずは,唐辛子と塩を混ぜた「ゆず胡椒」にしたり,今日のように甘くしてゼリーにしたりして,おいしさを発揮します。召し上がってください。

    

12月7日(金)
里芋のみそがらめ

 〈メニュー〉 三色丼 のっぺい汁 牛乳

        里芋のみそがらめ

 今日は,お隣の八街市でとれた里芋を使った「里芋のみそがらめ」です。普段,煮物にすることが多い「里芋」ですが,今日は“でんぷん”つまり“片栗粉”をまぶして,カラリと油で揚げています。そのあと,八丁味噌や水あめ,ごまなどを絡めて味をつけています。里芋の特徴である【ぬめり】が,油で揚げることで気にならなくなるので,苦手な人には食べやすいと思います。ちなみにこの【ぬめり】は「ムチン」や「ガラクタン」という食物せんいです。腸の働きを活発にする働きがあります。里芋は,親芋のまわりの子芋,孫芋とどんどん増えるので,子孫繁栄の意味があるおめでたい食べ物です。これからお正月を迎えますが,お節料理などに欠かせません。好きになってほしい食べ物です。     

12月6日(木)
クララ・ホイットニー献立

 〈メニュー〉 ミートソーススパゲッティ 牛乳
    
キャベツとブロッコリーのサラダ さつまいもとリンゴのパイ

今日は,「クララ・ホイットニー献立」です。 

クララ・ホイットニーは,明治時代に佐倉出身の津田仙の依頼により,日本で西洋料理のレシピ本「手軽西洋料理」を執筆,出版した人物です。本では,スープやビスケット,パイなどの作り方が紹介されています。仙が西洋野菜を広め,クララが西洋料理の本を出版したことは,日本に西洋野菜と料理を広めた功績とともに,日本の食生活改善運動でもありました。本日は,クララの命日ということで,クララ献立です。本に紹介されているパイにちなんで「さつまいもとリンゴのパイ」,津田仙が広めた西洋野菜である「キャベツ」「ブロッコリー」を使ったサラダを組み合わせました。

    

12月5日(水)
どさんこ汁

 〈メニュー〉 ごはん さばの文化干し レンコンサラダ

        どさんこ汁 ひとくちぶどうゼリー 牛乳

毎日,本当に寒くなり,冬本番がやってきたように感じる今日この頃。給食でも,温かい汁物を毎日出したいと思っていますが,栄養バランスや作業の関係で,「毎日」というわけにはいきません。汁物以外にも,なるべく給食ができあがる時間を遅めにして,少しでもみなさんに温かい給食が届けられるように,調理員さんも協力してくださっています。

さて,今日は「どさんこ汁」です。“どさんこ”という言葉は,もともとは「北海道産の馬」をさしていましたが,現在は,北海道出身の人物や物事を指す言葉として使われています。今日の「どさんこ汁」には,北海道の代表的な農作物である「じゃがいも」「とうもろこし」「玉ねぎ」などが入っていて,札幌ラーメンのように「みそ」や「バター」で味付けをした入れている体が温まる汁物です。

    

12月4日(火)
実習生の献立

 〈メニュー〉 ごはん 青椒肉絲(チンジャオロースー) 中華サラダ 

        みかん 牛乳

今日は,9月末から10月にかけて,東中学校の給食の調理現場へ実習に来た栄養士の実習生の考えた献立です。コメントをお伝えします。

 献立のポイントは,「中国料理」ということです。野菜もとりやすく,外国

の料理にも親しんでもらいため,入れました。これを機会に,外国の食文化に興味・関心を持ってもらえるとうれしいです。青椒肉絲(チンジャオロースー)の名前は,青椒(チンジャオ)は「ピーマン」を,肉(ロー)は「肉」,絲(スー)は「細切り」という意味があり,そう名付けられました。中国料理の名前は,その料理の特徴を示しているので,調べてみるのも面白いかもしれません。実習の10日間,どのクラスも給食をいっぱい食べているところを見て,私も給食の調理作業に参加できたことを嬉しく思いました。みなさんは,心も体もどんどん成長する時期なので,しっかりと成長していくために,これからも給食を残さず食べて,これからも頑張って勉強や部活動に励んでいってください。

とのことです。残さずいただきましょう。

    

12月3日(月)

寒い時期においしい「白菜」のお話

 〈メニュー〉 ご飯 松風焼き みそけんちん汁

   白菜のお浸し 牛乳 

鍋料理には欠かせない白菜。寒いこの季節,大活躍する旬の野菜です。

白菜の旬は,11月下旬から2月ごろにかけてで,霜にあたるとやわらかくなり,甘みが出ておいしくなります。西洋のキャベツに対し,東洋を代表する野菜です。淡い緑色をした大きな葉は,周囲がちりめん状に縮れて,互いに抱き合うように重なります。大きくなるにつれて白い部分が太く伸びるため「白菜」とよばれるようになりました。今日は,白菜と,同じく冬がおいしいほうれん草と,ちりめんじゃこ,香りづけにごま油も入れてお浸しにしています。