4月の給食 献立表 給食だより  家庭向けだより  



4月26日(金)
端午の節句を祝う献立

        ちらし寿司(きざみのり)  けんちん汁

        鰹のたつた揚げお好み焼き風  柏餅 牛乳

今日は,旬の『カツオ』と『柏もち』で,端午の節句を祝う献立です。日本ではこの日,しょうぶや,よもぎを軒下(のきした)にさし,こいのぼりや兜を飾るという風習があります。また,柏もちやちまきを食べて,健康や豊作などを願います。柏の葉は,新しい葉が出るまで古い葉が落ちないことから,子孫が後々まで栄えるといった縁起の良い食べ物とされてきました。カツオは「勝男」という漢字が当てられることから,困難に打ち勝つたくましい子供に育ってほしいという思いをこめています。この時期,太平洋の黒潮にのって北上するカツオは,特に「初鰹」とよばれ,旬の魚です。今日は,からりと揚げ,お好み焼きのような味付けにしました。魚嫌いの人も,食べやすいと思います。

    

4月25日(木)
豚肉のかりん揚げ

       ご飯 豚肉のかりん揚げ 田舎汁 牛乳

   いかくんサラダ 手作り青リンゴゼリー 

今日の主菜(メインのおかず)は,豚肉のかりん揚げです。

今日の給食のかりん揚げは,豚肉の切り身を大きいまま揚げて,たれをからめていますが,「かりん揚げ」の名前の由来にはこんなことが言われています。「小さく切って揚げた形が“かりん糖”に似ているから。」「揚げた色が黄金色で,植物の実の“かりん”の色に似ているから」などです。甘じょっぱい味付けが,ごはんのおかずにぴったりだと思います。味付けがしっかりしているので,さっぱりとした「いかくんサラダ」を,つけました。いろいろな料理を交互に食べる「三角食べ」をしながら,残さず食べましょう。

    

4月24日(水)
津田仙(つだせん)メニュー

       テーブルロールパン 苺ジャム 津田仙のマリネ

   チキングラタン ジュリエンヌスープ 牛乳

今日4月24日は,西洋野菜を日本に広めた津田仙先生の命日です。佐倉市内で「津田仙メニュー」を実施しています。5年後の新紙幣5,000円札に描かれる津田梅子さんの父です。津田仙先生は,1867年に幕府の使節団の通訳としてアメリカに渡りました。帰国後,日本でほとんど作られていなかった西洋野菜の栽培にとりかかりました。自ら苦労を重ね,当時としては大変珍しい,アスパラガスやイチゴの栽培に成功しました。その他にも,ブロッコリー,カリフラワー,キャベツ,パセリ,りんご,ワイン用のブドウなどの栽培にも力を注ぎました。今日は,津田仙先生が栽培に力を注いだ,「アスパラガス・キャベツ・ブロッコリー・カリフラワー」を使った,名付けて「津田仙マリネ」と,「いちご」ジャムをつけました。現在は,これらの野菜や果物をいつでも食べることができますが,先人の努力のおかげですね。感謝していただきましょう。

    

4月23日(火)
さば

       ご飯 サバごまみそ焼き 高野豆腐田舎煮

       ごぼうサラダ ひとくちミカンゼリー 牛乳

今日は、『サバごまみそ焼き』です。サバは,古くから食べられていたようで,縄文時代の遺跡で,ぶりなどの骨と一緒に見つかったそうです。サバは「いたみ」の早い魚で,「食あたり」になりやすいといわれ→「サバの生き腐れ」(生きていても腐る)という言葉もあります。新鮮なうちに食べないといけません。サバやいわし,さんまなどの魚は,青魚と呼ばれています。これらの魚の脂には,DHA(ドコサヘキサエン酸)やEHA(エイコサペンタエン酸)という血液をサラサラにして,生活習慣病を予防する成分が多く含まれています。今日は,そんなサバを砂糖・酒・みりん・赤みそなどで味をつけ,ごまをふって給食室で焦げないように焼きました。

    

4月22日(月)
グレープフルーツ

       ビビンバ トックのスープ

  揚げ餃子(2個) グレープフルーツ  牛乳

グレープフルーツは,オレンジやレモンなどと同じ「柑橘系」のくだものです。大きく分けて,ホワイト(白果肉)とルビー(赤果肉)に分けられます。一般的に,ホワイトよりもルビーの方が甘く感じる人が多いようです。今日は,「すっぱい味が苦手」という人もいるので,ルビーにしました。暑い気候で育つので,国内で販売されているほとんどが,フロリダや南アフリカなどからの輸入品です。グレープフルーツは,一年中でまわっていますが,皮も薄くジューシーなフロリダ産のものは,今が旬を迎えます。ぶどうの房のように、一本の枝にたくさんの実をつけることから「グレープフルーツ」とよばれるようになりました。口の中をさっぱりさせるデザートに,是非食べて下さいね。

    

4月19日(金)
納豆

      ごはん 鮭のねぎみそ焼き  豆腐団子スープ

 納豆和え ヨーグルト 牛乳

みなさん,納豆は好きですか?

 小粒のもの,大粒のもの,挽き割り納豆,黒豆でできたものなど,いろいろな納豆がありますね。納豆は,大豆を洗って水を吸わせ,蒸し上げた後,納豆菌をふきつけることによってできあがります。納豆菌による働きのため,独特の香りがあります。傷ができた時に血が出ますが,血を固まらせるときに必要なビタミンK,大豆の良質なたんぱく質,食物繊維が豊富です。

    

4月18日(木)
ガーリック(にんにく)

        ガーリックトースト クラムチャウダー

    フレンチサラダ ショコラブッセ 牛乳 

今日は,ガーリックトーストです。午前中の給食室からは,にんにくの香りが,みなさんの教室まで届いたのではないでしょうか。国産のにんにくをすりおろしたもの,パセリ,マーガリンをやわらかくしたものを混ぜて,開いたコッペパンに塗って焼いています。ちょっと前は,食パンを使っていたのですが,ミミが少し硬くなりすぎてしまうことがあるので,ミミのないコッペパンを使うことにしました。にんにくの香りのもとは,ニラに含まれる香り成分と同じで,硫黄化合物の一種「アリシン」というものです。「アリシン」は,免疫力を高め,疲労回復の効果があります。また,にんにく自体に含まれるビタミンB1が「アリシン」と結びつくことで,さらなる効果を発揮します。

    

4月17日(水)
豚レバー

        中華丼 レバーとポテトの和え物

    フルーツ杏仁豆腐  牛乳

今日は「レバーとポテトの和え物」です。レバーは,肝臓のことですが「きも」と呼ばれることもあります。目に良いとされるビタミンA,肌荒れ予防のビタミンB群,貧血予防の鉄分,体内で血液を作るのを助ける葉酸などが豊富です。給食でも,特に不足しがちな鉄分を補給しようと,たびたび登場しますが,味付けをしっかりとし,油で揚げることでレバー独特の風味を減らし,食べやすいようにしています。食中毒の心配から,日本では2012年から生で食べることが禁止になりました。ちなみに〝世界の三大珍味〟のひとつ「フォアグラ」は,ガチョウに特別なえさをあげて脂肪肝にさせた肝臓で,レバーの一種です。

    

4月16日(火)
お麩

        ツナライス ポークビーンズ 牛乳

  かぼちゃのスイートサラダ お麩ラスク 

今日は,「お麩」を使ったラスクです。「お麩」は,小麦粉と塩でねった後,水でデンプンを洗い流したもので,小麦粉からできているパンよりもタンパク質が多くてカロリーも低めです。麩は,大きく分けて4種類あります。水でデンプンを洗い流したそのままの状態を「生麩」、生麩を油で揚げたものが「油麩」、焼いたものが「焼き麩」、乾燥させたものが「乾燥麩」です。癖のない味なので,砕いて使ったり,煮たり炒めたり,今日のようにスイーツにしたりといろいろな料理方法があります。

    

4月15日(月)
さわら

        ごはん 豚汁 ほうれん草の海苔和え     

   鰆の梅衣揚げ 清見オレンジ 牛乳

旬の「さわら」。漢字で魚+春=鰆と書きます。見た目は細長い魚です。同じ魚でも,成長具合によって,「サゴシ」→「ナギ」→「サワラ」と呼ばれるようになる「出世魚」です。最大で115cmにもなった記録もあるお魚です。オスよりもメスの方が大きくなるようです。今日は,魚体が小さいお魚だったため、細長い形の切り身です。白身の魚で,焼いたり,みそ漬けにしたり, 揚げたり,いろいろな料理をしやすいお魚です。今日は,梅風味の衣をつけてからっと揚げました。

    

4月12日(金)
千葉県 全国1位の生産量!かぶのお話

       ご飯 松風焼き かぶのみそ汁 牛乳
       おかかサラダ ひとくちブドウゼリー

今日は,みそ汁にも入っている「かぶ」のお話です。千葉県は,全国のかぶの生産量の約3割を占めていて,ダントツの生産量です。アブラナ科の根菜野菜です。かぶの種類はたくさんあり,大きな物では5kgにもなるという「聖護院(しょうごいん)かぶ」や,見た目が赤い「赤かぶ」などもあります。一般的に「かぶ」というと,「小かぶ」をさします。「小かぶ」の見た目は,大根の白い部分を丸く小さくした感じですね。栄養も,白い部分は大根と似ています。漬け物や,煮物,焼いたりといろいろな食べ方が楽しめます。

    

4月11日(木)
カレー粉のお話

       ポークカレーライス シーザーサラダ

       ナタデココ入りフルーツヨーグルト 牛乳

今日は,東中の定番「カレーライス」です。中学校のカレーは,小学校よりも少し〝辛い〟かもしれませんが,1年生のみなさん,どうでしょうか。そこで今日は,カレーに使われている「カレー粉」のお話です。複数のスパイスを混合し,数週間熟成させて作られます。食欲をそそる香りがしますね。カレーといえばインドをイメージする人が多いですが,インド発祥の調味料ではなく,18世紀後半にイギリスで発明され商品化されたと考えられています。現在は,インドのスーパーマーケットにもカレー粉が売られており,世界一の消費量をほこるようです。日本では,明治時代にイギリス経由で伝わりました。今日は口の中をまろやかにするように,フルーツヨーグルトをつけました。よく,カレー専門店に〝ラッシー〟という乳製品のドリンクをおいているところもありますが,こちらも口の中をまろやかにするのでしょうね。

    

4月10日(水)
ご入学・ご進級おめでとうございます!

   お赤飯(ごま塩) てんぷら(きす・さつまいも)白玉団子汁 

     ほうれん草ごまあえ お祝いクレープ 牛乳

新年度の給食が今日から始まります。学校給食は,栄養のバランスのとれた食事を先生や友達と一緒に食べることで楽しく,心と体の成長の手助けをするものです。特に,中学生という時期は成長がとても盛んです。給食を残さず食べて,健康な体を作りましょう。また,正しい食事のあり方やマナー,協力して配膳を行うなど社会性を学んだりする時間でもあります。本年度もみなさんに安全・安心・おいしい給食を届けることができるよう岩井栄養士と6人の調理員さんとで力を合わせて、安全でおいしい給食をめざしていきます。