未来を拓く 自己肯定感をもった生徒の育成
佐倉市立西志津中学校

校長挨拶

ごあいさつ


 本校も34年目の春を迎えました。令和三年度も学校教育目標の達成を目指して、職員一同、力を合わせて取り組んでまいります。


学校教育目標
     『未来を拓く 自己肯定感をもった生徒の育成』
             ~自立と共生を目指せる 西志津の生徒~
【生徒目標】

1 自他を認め大切にできる、心身ともに健やかな生徒
 2 自ら進んで、粘り強く学習活動に取り組む生徒
 3 挨拶・返事を意識し、当たり前のことを進んで実践
   できる生徒


 中学校三年間の様々な活動を通して、自分を理解し、自分の良いところを見つけ、自分を大切にする心を育てたいと考えています。

また、「先を予測することが難しいといわれる社会」の中を生き抜くために、主体的に学び、自ら考え、自ら判断し、自ら行動する力も身につけてもらいたいと考えています。 

中学校の三年間は、精神的にも身体的にも大きく成長し自立する時期です。その一方、集団生活での人間関係、学習面での悩み、進路への不安などから精神的に不安定になる場合もあります。

私たち教職員と保護者が連携し、協力し合って、子供たちを温かく見守り、育てていきたいと思います。


 皆様には、本校の教育の活動に一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

校 長 山田 真史

Copyright(C) 佐倉市立西志津中学校. All right reserved.