佐倉市立西志津中学校

-学校経営方針-

平成31年4月

Ⅰ 経営方針
 学校教育目標
  『未来を拓く 自己肯定感をもった生徒の育成』
      ~自立と共生を目指せる 西志津の生徒~
 めざす生徒像
1.自他を認め大切にできる、心身ともに健やかな生徒
2.自ら進んで、粘り強く学習活動に取り組む生徒
3.挨拶・返事を意識し、当たり前のことを進んで実践できる生徒
Ⅱ めざす学校像及びめざす教師像について
めざす学校像
「希望の登校、満足の下校」の達成を目指して、「めざす学校像」を次のように定める。
1.生徒も教師も未来に向けて目標をもち、安心して夢を語れる学校
2.一人ひとりに居場所があり、「自分の良さ」を発揮できる安全・安心な学校
3.家庭や地域と連携し、たくましさと自己肯定感をもった生徒を育成できる学校

めざす教師像
1.明るく心身ともに健康で、教育者としての倫理感・使命感を持ち、生徒・保護者から信頼される教師
2.教科指導・生徒指導等における実践的指導力を身につけ、生徒を認めて伸ばすことができる教師
3.「フットワーク・チームワーク・ネットワーク」をモットーに、すべては生徒達のために情熱を注げる教師

学校教育目標の具現化を図るために
(1)教職員及び生徒全員に、学校教育目標の理解と意識化を図り共有する。
(2)学習指導部・生徒指導部・校内委員会等の教職員組織が機能し、計画的で創意工夫を凝らした具体的な教育実践を展開する。
(3)常に生徒の実態を把握し教育実践を振り返り、「すべては生徒達のために」を第一に考え、校務改革を図る。



Copyright(C) 佐倉市立西志津中学校. All right reserved.