ホームページが新しくなりました!
佐倉市立西志津小学校

経営方針等

1 経営方針
(1)学校経営は,人間尊重の精神と「全ては子どものためになるか否か」を基準に推進する。
(2)「生きる力」を育むことを目指し,確かな学力,豊かな心,健やかな体の調和のとれた育成を重視した教育課程の編成・実施・評価に努める。
(3)保護者・地域住民の支援を得て,安全で安心な教育環境づくりと施設・設備の整備及びその活用に努める。  
(4)学校教育目標の達成に向けて,教師一人一人の教育力 の質的向上を図るための校内研修の充実と組織力を活かした学校運営に努める。
2 重点目標
(1)思いやりのこころを育む生徒指導の充実
「教師と児童及び児童相互の心のふれあいを大切にし,他の人の立場や人格を認め,多様な生き方や考え方があることを理解できる児童を育てる。」
(2)基礎学力の定着と互いに学びあう意欲や態度を育てる学習指導の充実
「基礎的な学力を確実に身に付けさせた上で,子ども達が自ら考え,自ら解決する主体的な学習活動を通して,他とのかかわり合いの中で自分の良さを見いだし,さらに高めていこうとする児童を育てる。」
(3)たくましく生きるための体力の向上と特別活動の充実
「たくましく生きるための体力をもち,困難なことでもあきらめずに取り組む姿勢と進んで社会(人)のために役立とうとする児童を育てる。」
(4)保護者・地域と連携・協力し,信頼される学校づくり
    「授業参観,地域交流活動,家庭訪問,保護者会,保護者面談,学校支援ボランティア等を通し積極的に関わり合い,信頼関係を築き連携・協力を深める。」

3 指導の重点
(1)道徳の時間や特別活動を通して,いのちの大切さや人の心の痛みが分かる心を育む。
(2)あらゆる機会を通して,心の通ったあいさつと言葉遣いができるようにする。
(3)読書活動と歌声活動を充実させ,豊かなこころを育てる。
(4)全教科の基礎的・基本的な学力を確実に定着させる。(算数・国語の充実)
(5)課題解決型の学習や体験的な学習活動を充実させ,生きる力を育てる。(理科・社会科・総合的な学習の時間の充実)
(6)学習活動を通して,互いの良さや可能性を認め合いながら,高め合っていく(切磋琢磨する)力を育てる。
(7)一人一人のニーズに応じた指導を充実させ,自信を持たせ学習意欲を高める。(チャレンジタイムとワクワクルームの充実)
(8)体育・健康教育を充実させ,体力の向上と健やかな身体を育む。
(9)学校行事や委員会活動を充実させ,豊かな人間性や社会性を育む。


 

Copyright(C) 佐倉市立西志津小学校. All right reserved.