<か>しこい子  <が>んばる子   <や>さしい子  <け>じめのある子 
佐倉市立上志津小学校
                             

◎校長より

 

 <4月28日>

 本日午前中にお知らせしたとおり,臨時休校が延長となりました。子どもたちはもちろん,保護者の皆様にとっても大変な日が続きますが,引き続きご協力をお願いいたします。

 さて,現在学校では,休校延長期間に子どもたちが家庭で取り組むことのできる学習課題づくりを進めています。(近日中にお渡しできたらと思っています。)

 また先日は,トイレの臭いを取るため,全職員で学校中のトイレの大がかりな掃除を行いました。体育科でも,このような状況の中で効果の上がる指導法ついて,実技研修を行うなど,学校再開に向けて,できることから少しずつ準備しているところです。

 学区パトロールについても,毎日実施しています。職員の姿を見かけましたら,声をかけていただき,お子さんの様子などを聞かせていただけたら幸いです。

 このような状況となり,心配もつきないと思います。どんなに小さな事でもかまいませんので,何かありましたら遠慮なく学校まで連絡をください。




 <4月20日>

  休校措置が始まってから10日が過ぎました。子どもたちにとっては,つらい
 日が続きますが,散歩などを取り入れながら,もう少しがんばってほしいと思い
 ます。

  現在学校では,学校再開後に,じっくり指導すべき内容と,短時間で指導でき
 る内容の洗い出しを行うなど,休校中の学習の遅れを取り戻すための計画を立て
 ています。

 再開後,子どもたちが安心して学習できるよう,しっかり準備をしていこうと
 思います。

  学習面や生活面等,心配事等ありましたら,遠慮なく学校まで連絡をお願いい
 たします。


 


令和2年度のスタートにあたって


 上志津小学校長   佐藤 和浩と申します。

 令和2年度のスタートは,新型コロナウィルス対策のため,不安の中でのスタートとなり
ました。子どもたちにつらい思いをさせたり,保護者の皆様にご心配をおかけしたりしてい

ることに胸が痛みますが,早くこの状況が改善し,通常の教育活動が再開できるよう,ご理

解ご協力をお願いいたします。
今年度,上志津小学校の児童数は446名です。446名の

子どもたち一人一人に目を向けながら,教育活動の充実を図り,令和という新しい時代を生

き抜いていくための力を育んでいきたいと考えています。

 本校の教育活動への変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

 

令和2年度本校の取り組み

  
●学校教育目標
      
             豊かな心を持ち 自ら学ぶ 意欲ある児童の育成
             (一人ひとりの個性がかがやく 上志津の子)
 
●めざす子どもの姿「かがやけ」
                                                                  
            
  「」かしこい子  自ら考え、学びとっていく子ども 
  」がんばる子 健康で、がんばりのきく子ども 
  」やさしい子 思いやりがあり、協力しあえる子ども
  」けじめのある子              礼儀ただしく約束を守れる子ども
  
             

 
 目標の実現のために、次のことに努力していきます。
  
  ○学ぶ意欲とともに、バランスのとれた学力育成

  ○児童のコミュニケーション力の育成

  ○コンピュータ等を活用してのICT教育の充実
  
  ○食育や体育を充実させ、健康や体力、安全意識を育成
  
  ○道徳と他の教育を充実させ、いじめ防止と豊かな人間性を育成
  
  ○海外の学校や国内の学校との交流
  
  ○学級担任以外の教員に学ぶ機会の増加
  (交換授業 専科授業の推進)
  
  ○見学や体験学習の充実
  
  ○社会人や保護者、地域の人など多くの方に学ぶ機会の増加


 保護者および地域の皆様方と、様々な面で連携しながら教育を進めていきたいと考えます。特に、多くの方に学ぶ経験は大切です。時々授業へのご協力をしていただけると素晴らしいなと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。また、外国の児童との交流など夢を育む教育も推進していきたいと考えています。
                            

第18代校長  佐藤 和浩

Copyright(C) 佐倉市立上志津小学校. All right reserved.